忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.06.29,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.07.16,Thu
 -脚本:田村竜 絵コンテ:細田直人 演出:細田直人 作画監督:中村和久-

 
 ビバ細田演出!
 表情のきめきめ細かい変化とアクロバティックな動画から、それとなく感じていましたが、やはり細田演出だったんですね。こういう映像にお目にかかれるときほど、アニメーションの醍醐味を感じることはないです。
 なにはともあれ、この揺れとアングルです。モーちゃん、なんという愛されっぷり…。速射時の反動を計算に入れて、左右の胸が上下逆に揺れる演出の細かさ。1秒ちょっとのシーンに注がれる情熱が凄いよ。そして弓ガードのせいおかげでモーちゃん、はいてない。

 
 アルサルwww
 一番割を食ったというか、美味しかったというか。アルサルの感情表現がキモイくらいキテますね。とりわけブーたれていたりビビっていたり、男ぶりを下げるシーンばかり力が入っている罠。モルガンとは別の意味で愛されているなぁ…。
 アロウン稜で軍資金稼ぎに出た一行ですが、自らを守るために仕掛けられたトラップで自爆。「あ…!」とボケるアロウンの表情と間がまた絶妙で、笑いが止まらないw あと、攻撃喰らったときのオクタヴィアが妙に可愛くて和みました。
 そしてアルサルの攻撃がエグイ。ロボとはいえ股間を一撃とは…((((;゜Д゜))) ラスティとの鍋漫才も鉄板。

 
 本領発揮。
 これが一番の見せ場よ!と唸るオーガ迎撃戦、熱い。OVAロードス島戦記の第1話を彷彿とさせる、巨大モンスターとの攻防ですが、遠近感とスピード感が鮮烈。ダンジョンの奥行きが意識されるので、相対的にオーガが大きく見えますし、絶妙な距離感&カメラポジションによって、戦いの激しさ・臨場感が、これでもかと伝わってきます。その中で対峙するパーティメンバーの勢い。各員の奮闘に滾らずにはいられません。アルサルの十傑衆走りにはWONDA吹いたけどw その後の踏み込みまで、丁寧に描くなぁ…。
 そしてオクタヴィア、見えてます……黒( ゚Д゚ )!これはまた意外。それにつけても、命のやりとりが決する一瞬で魅せるサービス精神、こだわりの作画に感動です。見えないものを、見えにくい状態で、でも見せる小粋さ…。

 
 ガイウス/(^o^)\
 削られた壁画、過去とのリンクで、アルサルの真実の一部を見るリアンノン。戦闘中はアルサルに抱きかかえられていたり、やっとヒロインらしくなってきた。エピローグでの夜這いも、不覚にも萌えた。
 独り言と嘯くオガムも渋い。本話の作画では妙にガッチリしているので、頼りがいも増していたようです。
 逆に失墜しているのがガイウス、一人反省ザルw OPでの世紀末覇王ぶりはどこへやら、元老院で嬲られっぱなしです。アロウンの様子を伝える報告が、真実(の一部)というのも喜劇。砦でリアンノンを逃がした余裕なぞ彼方に吹っ飛んだ、がけっぷちのガイウス。散り際はどのように描かれるのか。

 作画の素晴らしさもさることながら、脚本の完成度も高い一話でした。短いカットながら、ミルディンという人物への敬愛ぶりが伝わってきます。幕間的なエピソードだけど、アルサルの過去に触れ、その謎を紐解くための手がかりとなる話を、過不足なく魅せてくれました。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]