忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.03.30,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.07.14,Tue
 -脚本:岡田麿里 絵コンテ:安藤真裕 演出:安藤真裕 作画監督:関口可奈味-

 
 飛蘭きた。暴力的なギターと畳み掛けてくるドラムがたまらんです。映像のクオリティや構成力も素晴らしくて、日常を追いかけた序盤から、撃ち合いへと切り替わるサビの盛り上がりがたまらない。終奏で刻まれるリズムに二人のクローズアップを合わせる演出も、鮮やかで潔し。見栄の決まりっぷりがなんと気持ちいいこと。

 
 冒頭からの虚構じみた世界観いいですね。
 武内画がこんなに活き活きとアニメしているのは初めて。これを待っていたんですよ…。カナンとリャン・チーの適度な貧乳も、武内キャラの魅力をキッチリ引き出していますね。
 初っ端からウィルスらしきものに冒されて死ぬ展開(それも悪意のない冗談で結果的に死亡という悲劇)で、食らい付いてしまいます。鍵を握るキャラクターを、町という舞台に配置して、主人公とヒロインの邂逅へ。二人の馴れ初めは語られるのかな?命のやりとりの中に覗けるユーモアや(ユンユンいいなぁw)、悟りの中にみせる小さな遊び心など、脚本の匙加減もよさげ。

 
 そしてガンアクションとエロスも忘れない配慮と心意気。
 後ろ手にあやとりで縛られる姿って…凄いです。走ってきたから息が上がっているんだろうけど、何のプレイですか。リャン・チーを真正面から捉えたアングルも絶妙。絶対領域なんてヌルい言葉じゃ、この倒錯性は語れません。社長と秘書という表の立場から、上官と部下の関係に入れ替わるパワーバランスも大変によろしい。脚フェチの変態さん萌え。
 そしてここぞという盛り上がりで魅せるガン・アクション。屋根伝いのダッシュや、ジャッキー・チェンを思わせるダイナミックな跳躍…シビれるなぁ。カメラワークと背景も素晴らしい。カナンはなんぞ魔眼を持っているようですが、この能力と敵対勢力、ウィルスの脅威がどう絡んでくるのか。初見では、MADLAXとDARKER THAN BLACKが混ざったような印象ですが、先が楽しみな一作です。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]