忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.09.23,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.09.10,Thu
 -脚本:大野木寛/根元歳三 絵コンテ:稲垣隆行 演出:高橋幸雄 作画監督:高岡じゅんいち/サトウミチオ/日下岳史-

 
 和解はえー…。
 やはり母人質という展開ですが、涼子そのまま行かせても当然死ぬってことが忘れられているような。草薙は自分探しのために國子達に合流して、やったことは一時的な妨害だけとは、中途半端な扱いになってしまった。ブーメランが久々に弾けて、アクション全開の作画は見応え充分なんですが、その勢いに乗り切れない…。
 そんな窮地を救うのはモモコさん、小夜子をカッチリ救出しとります。前話の表舞台と同じ時間軸で描かれる、奈落の下こそモモコさんに相応しい。

 
 作画やりすぎwww
 =いいぞもっとやれの意。小夜子は何か別の作品のキャラだよw 高岡じゅんいち作画の真髄見たり。アップの鬼気迫りまくりな表情と、そこまでwwwというくらいなオーバーアクションがクライマックスで映えること。國子とモモコの、やっぱりユーモアを忘れない一幕もいいし、爆弾の取り付けがなんてCOOL。あと涼子の回転はセーラームーンだよw
 そして小夜子はまた落ちる。今度は助からないなーと思いつつも、でも生きてそうな予感が消えない。
 さらに一気で物語の起点解説。回想に説明ゼリフという、安直な展開どうなんだろう…思いながら若凪子萌え。映像は気合い入りまくりで、脚本は芸がないこのアンバランスが…うーんw 國子とモモコの別れも予定調和で盛り上がりに欠ける…。でも胸元から見上げる表情はグッとくるのでまた困る。

 
 父母シュールw
 なんで國子だけが吶喊するかと思えば、壁に刺せる剣が一本しかないからなんですね。是が非でもぱんつ見せないスタッフの意地に惚れるわ。
 あ、いたのメデューサ、ということで駆逐開始。ゆるい。やるなら最初からやれよ、と悔しいけどツッコミ入れてしまうなぁ。アバターも無駄によく動きよってからにw そして予定通り、為す術なく敗退。その上、香凛は両親が死亡していたという真実を突き付けられ…って、この期に及んでまことちゃんwww
 全てが涼子の計算通り――で収まってしまうのですが、じゃあ涼子はなぜ人類を滅ぼそうとするのか、全ての対となる遺志・動機が描かれないので、ただの痛いオバサンに見えてしまうなぁ…。
 次回最終回にその辺が描かれるんだろうけど、時既に遅くない? 涼子の脅しにビビる美邦様も不甲斐ないぜ。ミーコの遺志はどこへ…(ノД`;) そして強襲の國子、決着は如何に。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]