忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.10.18,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.08.21,Fri
 -脚本:長津晴子 絵コンテ:小林智樹 演出:中村和久 作画監督:中村和久-

 タリエシンが見たルキフェルの記憶、誕生からミルディンとの別れまでを追憶。場面転換で時間の経過を巧く使って、ミルディンとルキフェルの相関をコンパクトにまとめて、1話に収めてきましたね。
 皮肉屋で自虐的な今のアロウンとは似ても似つかない、白の精霊ルキフェル。OPのイントロで針が指している13の意味が、やっと判明したわけですが、そも、なにゆえ13人目が生まれたかは語られず。これ意外にゲームやってるときから気になっていたんですが、12精霊への戒めだったのかな?
 ミルディンによって育てられるルキフェルですが、父との対話の中から、世界(人間族)がどのような情勢にあるかが描かれます。相当にピンチな状況です。人間やべー。
 ミルディンが少女に火を与える下りは、知恵を与えたことにより罰せられる過程も含め、プロメテウスの逸話が原型なのかな。命を賭けてルキフェルに想いを伝え、ミルディン消滅。物語序盤に語られていたミルディンの名が、ここにきてやっと繋がった。この後12精霊に昇格するだろうルキフェルが、なにゆえ白の精霊と争うのか。核心を残すあたりも、小憎い構成です。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]