忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2020.07.12,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.10.12,Mon
 http://akaperaclub.com/
 作:アラン・エイクボーン 訳:小田島恒志・小田島則子 演出:水鳥鐵夫

 「感動のサスペンスコメディ」というチラシの一文を見て、はて、サスペンスで笑って感動も出来るとは…?と首を傾げたのですが、終演してみたらまさしく謳い文句の通り。なんとも心が温まるEDでした。

 序盤~中盤はサスペンス部中心。音響や照明、役者の演技でそれはもうハラハラさせてくれるのですが、近くにいた女性が席でビクビクしてたので、落ちついて見られたり。あと、合間に入るコメディパートの、キレというかノリが非常にいいせいか、殺人犯が入ってくる場面でも、むしろ期待感が高まる方向に行けるんですよね。、ドリフの幽霊回みたいな空気。ソファから手が伸びたり、ルエラうしろー!うしろー!な展開あったりで、楽しい楽しい。

 脚本も流石という他ない構成。ホテルで殺され掛けた売春婦が物置へのドアに逃げ込むと、そこは20年前の同じ部屋で、過去に殺されたはずの客の妻にバッタリ。そこから時間移動の謎と、殺人から逃れる方策を立てていく展開へと雪崩れ込むわけですが、「過去には戻れるが未来に行くことは出来ない(戻ることは出来る)」という縛りが巧いんだわ。あと時間移動を演出するギミックもよく考えられていたなぁ。

 役者では主役の三石さんと小池さんの力演、これに尽きます。テンポのいい芝居は、物語をスピーディに展開させるし、ほとんど出ずっぱりだった三石さんの魅せる、大人の女性の色気と優しさはたまりません。三石さんは今まで舞台で何度か見ているので、ズバ抜けた安定感あるのは判っていましたが、ここまでエネルギッシュな演技は初めてかも。
 コンビを組む小池さんの存在感も凄かった。女王様のインパクト強かったことを差し引いても、派手さと穏やかさの二面性を引き出していましたね。特に第二部からは圧巻。またこの人の芝居を見に行きたいな、と思わせてくれる素晴らしい演技でした。

 スリル、笑い、感動と3つの美味しさを味わえた舞台。三連休を締め括るに素晴らしい時間を過ごせましたね。次回公演はマイケル・クーニーの喜劇ということなので、これまた足を運ばねば。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]