忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.10.18,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.10.31,Sat
 -脚本:吉野弘幸 絵コンテ:初見浩一 演出:初見浩一 作画監督:村井高氏-

 
 魔術師…(ノД`;)
 三号機関容赦ネエ…後半でも一般人容赦なく殺してるし。敢えて顔を隠したまま殺されているあたり、空蝉を使っている余地があると思うんですが…そうでなければ魔術師の名が泣くというもの。再登場待ってます。
 そして黒の変質者。蘇芳に助けられながら、禁忌に触れる発現に感情を抑えられず。シチュエーションだけみるとロミロ×ジュリエット思い出します。そんな甘いシーンじゃありませんけどね。
 鎮目の対価はお灸…健康的でいいんじゃない?指折るヤツもいたくらいだし…。そしてニカ、契約者の真実を知らずににターニャと再会…(ノД`;) だめ、その目はだめー。

 
 消えた能力
 三号機関の装置の影響か、能力を失った黒。様々な能力をもって襲いかかる契約者相手に、これは手痛いディスアドバンテージ。電撃がいかに汎用性の高い能力だったかも伺えますが、新しい条件付けによってストーリーは面白味を増してくるなぁ。いつ・いかなる時に能力が戻るのかも楽しみでなりません。マオは予想通りペーチャに憑依…沢木ボイスのミスマッチ度は一層高くなってますね。

 そして…Gがあああ!!1話ではニヤニヤが止まらない初々しいカップルだったのに…ニカ(ノД`;) Gが口内に入っているショットがこれまたエグイ。死因特定しないでー、キリングミーソフトリー。
 その衝撃で契約者として目覚める蘇芳。OPで構えてる対戦者ライフルどこからもってくるかと思ったら、具現化系能力者とは。裸身から光が出るまでは魔法少女っぽい演出なのに、出てくるモンがあんな長いライフルというギャップが強烈。情報屋t一緒にいる双子はサブタイに関連あり?

 
 予想外の凶悪っぷり。
 狙撃による超長距離戦を得意とする能力と思っていましたが、ところがどっこい。拠点防衛クラスの戦力ががが。次弾装填は能力(弾を具現化)で補い、人間レーダー、ジュライの協力で照準の時間も短縮。こんな長い得物で速射が可能となれば、そら大変だ。能力発動中は感情をなくしているようですが、ターニャまで銃口に捉えてしまう契約者の悲しい性。蘇契約者を否定したがゆえに契約者として目覚め、恋人殺しの親友を殺めようとした。この矛盾の内包にこそ、本作の醍醐味があるようです。ジュライも黒達についていったようですが、さてさて。

 
 テラゴルゴwwwwwwwww
 足下と背中だけをみせるデコの着替えシーンに大・喝・采。下着のデザインも大人の女性らしく、霧原さんの素晴らしい趣味が伺えます。と、ニヤニヤのあとにゴルゴ登場で大爆笑。いくらなんでもこれわwww頬の線、やばすぎるw
 組織と黒の存在をほのめかされて機関への招きを受けると、機関の危険性を訴える斉藤からの電話を切ってしまう。むはあ、霧原さんと黒との対決は望むところですが、機関の一員として組み込まれてしまうとは…。
 そんなターゲットの黒の目は死んだ魚のように漂うばかりで、蘇芳の対価・折り紙だけがむなしく形を整える…。序盤のストーリーから鮮やかな幕開けでした。まさしくDTBですよ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]