忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2020.04.09,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.11.21,Sat
 -脚本:岡田麿里 絵コンテ:原口浩 演出:すがやゆりこ 作画監督:渡辺るりこ-

 
 対戦きた。
 前話のヒキでカーチャンが店に現れたのは、対価を払う(ケーキを焼く)ためだったんすね…。対価として払われただけのケーキを、美味そうに平らげるノリオせつねー。ファーストカットでケーキが出た瞬間に、これは死出の置き土産になると判るだけに、ミチルが敢えて家族の店を選んだのは、本当にオーブンがここしかなかったからなのか…と思えてしまうんだなぁ。
 さあ、そして本格的な衝突が始まりましたよ。弦馬の荒ぶる本性が出てきた。普段は飄々としているのに、ミッション始まると暴虐的になる落差がいいな。黒が能力を使えないと知って弄ぼうとする様がまたエグイ。
 葉月は狙撃ポイントを見出してカウンターに。ホント有能なエージェント達だ。その後ろに忍び寄るマオに和むw
 イザナミの正体が銀であることが知れて、ミッションを中止する黒。狙撃手がチームにいることを知られてしまったか。
 黒を振り切って涙を流していた銀の回想や、本話放映後にアップされた外伝(OVA)のPV、黒がやさぐれた理由や流星核というキーワードが、全てここに集約されていきましたね。銀の登場にテンション上がりまくりです。

 
 デコが怖い…。
 アシスタントの女の子と二人して眼鏡光らせとる…((((;゜Д゜))) 彼女も三号機関の本質を知っているのか、明るいドジっ娘属性と裏腹に、陰があるなぁ。超法規的措置が認められ、圧倒的な武力(契約者)を振るうやり方から、三号機関=組織の派生という気もしてくる。
 カーチャンと蘇芳の対峙という、ガッチガチの構成に繋がりますが、そこには銀の観測霊が…。第一期で水を媒介にしてたけど、水を操る能力者を水で殺せるて、どんだけー。ノリオが現場に遭遇するのもベッタベタなんですが、それでこそDTBの物語。蘇芳が殺したと誤解して、よもやのノリオ契約者開眼――イヤイヤ…。
 銀の問題からオレイユと訣別した黒ですが、その情報網から逃れることは叶うのか。もはやエロ乳担当と化しつつあるオレイユさんですが、ベッドの上でリラックスしとるペーチャ<マオ>と、いろいろと相似しつつ、しかし越えられない壁の落差に噴いたw

 
 蘇芳かわええ。
 親子の間では失われた家族の哀しみに暮れ、逃亡者の二人には新たな関係が生まれる。黒の側に自然に侍る、観測霊に嫉妬する蘇芳が激しく可愛くて和みます。来週の制服も楽しみでならんぜ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]