忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2020.02.18,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.11.28,Sat
 -脚本:大西信介 絵コンテ:金子伸吾 演出:金子伸吾 作画監督:石井百合子-

 
 ゴルゴwwwおまwww
 三号機関の面子は茶目っ気多いですが、よもやのゴルゴwww 日本の黒幕的なジジイはベタすぎて面白味にかけるかな。葉月との関係を匂わせていたけど、復讐の対象になってたりしないよね?
 そしてデコと弦馬。探りを入れる霧原さんに釘を刺しつつ、弦馬も三号機関の裏について知りたがっているよう?孤軍奮闘の霧原さんに、同盟相手が現れたとみるべきかな。
 さらにロシアもきました。後部座席にいるせいか、訓練を積んだのか。ターニャが以前より格上に見えてきますね。その他にもエージェントを覇権したようですが、対価こえええ!うえだゆうじはマジでこういう狂気じみた役がハマるようになったなぁ。
 主人公側はやっと北海道から脱出。そのための変装とはいえ、年相応な制服姿とスカートから除くフトモモは大変微笑ましい――

 
 で済まないのがDTB。
 制服着せて年相応な蘇芳を見せながら、普通の生活から隔絶したターニャと比べて、非日常を際立たせるやりきれなさ。そして契約者になって感情が乏しくなった蘇芳と、蘇芳の視点からジュライを見て、やはり対照させる二重構造が絶妙です。
 脱出のために雇った逃がし屋にドールを掠め取られる展開も、一筋縄でいかない逃亡劇のスリルを楽しませますね。ジュライのサポートがあったとはいえ、蘇芳の追尾が鮮やかすぎた気もしますが。
 そして蘇芳の容赦ないサイドスロー。戦力を奪う目的より、狙って当てる過程に没頭する様が切ネェ…。

 
 ロシアこええええ!!
 Gを操ったり、脳内麻薬のコントロールによる殺害て…((((;゜Д゜))) 女の顔大変なコトになってます。そしてマオも大変残念な磔にw
 そして黒さんキマシター!! ドッドッと流れるbgmがたまりません。あと黒猫便に乗って登場というセンスに脱帽です。快楽殺人者だった契約者と、任務で冷静に障害を取り除く黒の違いもいいなぁ。自らの死に様が、能力によって殺してきた相手と同じ、というのもニクイ演出。ジュライと蘇芳の関係も希望を見出せる余地があってヨカタ…と、それだけに二人の別れが想像されてしまうのですが。
 Cパートでは紫苑と父さんきました。ロシアの死体はDNA確認とれていたというからには、クローン技術? 或いは紫苑の能力なんだろうか。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]