忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2020.04.09,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2010.03.23,Tue
 -脚本:吉野弘幸 絵コンテ:鎌倉由実 演出:藤本ジ朗 作画監督:関口雅浩-

 
 妹でしたか…。
 冒頭から焼き芋が大変美味そうで、背景美術は衰え知らず。そしてクレハはテンション高いけど損しているキャラに…。一方ノエルはタケミカヅチの組み立てを完成しつつあり?無口っ娘のアドバンテージはまだまだ大きい。タケミカヅチの完成は、敵の襲撃フラグなのでしょうか。
 そしてメインのリオ先輩へ。母と同じ境遇のマダムを出してくる展開は、あざといと思いつつも、今まで気を持たせられた分、引き込まれてしまいます。リオ先輩とカナタが歩いて回る街の背景も、素晴らしい叙情感を味わわせてくれるものです。剥がれたペンキや年季の入った落書きなど、生活感の中に見える綺麗さに魅入られます。

 
 バーチャン…(ノД`;)
 若かかりし時代の口づけが情熱的。年を経ても失せない気持ちの深さが描かれますが、末期の迎えが切ねえ…。眩しいまでの光が最後の輝きを告げるようで、夜が明けた蒼穹の清々しさと、残された足跡の儚さが引き立て合うなぁ。
 そして空に響く連奏。リオ先輩が赴く先は、姉の獲るべき道だったのか。砦に残された4人の生活は…?あと数話でどんな最終回を迎えることになるやら、しみじみ楽しみ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]