忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.03.30,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2010.01.29,Fri
 -脚本:吉野弘幸 絵コンテ:福島利規 演出:福島利規 作画監督:上田峰子-

 
 師弟の繋がりがみえるお話。
 サブタイからして、リオ先輩が何で走るのかなと思っていましたが、カナタ風邪引きでした。冒頭から和風の朝食出たり(味噌汁美味そう…)、おみくじがあったり、文化のベースは日本なのかな。いろんな文化の混合もありそうで、着目していきたいところ。
 隊の一日は一枚画のスライドで経過していきます。銃もったり訓練したりしてますが、おにゃのこ5人の日常は大変に微笑ましい。そしてリオとカナタの二人が留守番で、トランペットの練習をみっちり――と思ったところでカナタがダウン。もぞもぞしながら倒れていく様子が異様に艶めかしくて笑ったw カナタエロイw
 そして対応にオロオロするリオ先輩のギャップと、教会のシスター?さんとの過去にいざこざがあったらしい微妙な関係をチラ見せするも巧い。あとタケミカヅチのオーバーテクノロジーっぷりもすごいw ほんの数秒のカットだけど、文明が後退するほどの戦争と、そこで使われた兵器の関係にも興味が湧いてしまうなぁ。

 
 点→線→面→奥行き
 前話で小隊の隊員たちに拡がりを見せた物語は、過去と現在という連なりを見せてきました。金髪のお姉さん、リオ先輩の先生だったようですね。彼女が演奏していたアメイジング・グレイスを通じて、二人の過去が繋がる表現にも、ニヤニヤさせられてしまうな、くそうw
 カナタが風邪引いてリオが看病した。端的に言えばそれだけの話ですが、細かい設定を見せたり、伏線を張っていったり、丁寧な仕事しています。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]