忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.06.29,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.10.20,Tue
 行ってきました幕張メッセ。十数年ぶりに足を運びましたが、東京駅の京葉線ホームは…遠い。
 会場入りして席につくとスタンドで最右翼。座席表見たらそうでもなかったんですが、見切りになるからでしょうか。自分らの席より右は黒幕でした。完璧な右翼布陣。
 斬九さんと「ラインハルト軍ならミッターマイヤー艦隊くらいの最前線よね」と自虐。ジンツァーとかドロイゼン艦隊あたりで、「ファイエル」の命令下った早々、撃沈されてそうなw いや今日はもう見られればどこでもいいんですよ。ステージからの距離は近かったし。いざ開演。

【前説】エキセドル参謀
 参謀からの諸注意という形で前説と「デカルチャー!」の合唱……このイベント大丈夫か?と一瞬思ったw どうせなら、「ご存知…ないのですか!?」のフレーズを入れてくれれば良かったのにw

【May'n as SHERYL NORM】
 01 ノーザンクロス(マクロスFlontier ED2)
 02 射手座☆午後九時 Don't be late(マクロスFlontier IN)
 03 pink monsoon(マクロスFlontier 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ IN)


 オープニングアクトから俄然やる気ですイヤッホーウ!バックスクリーンに映る映像は、劇中で使われたシーンや、OP,ED,PVを編集したもので、物凄い臨場感です。射手座はもちろん劇中のライブ映像と、バルキリーのアクションを合わせていましたが、生歌聴きながらこの映像は反則。劇場版の曲やるよー、ときてユニバーサル・バニーは封印だったようです。pink monsoonは切なげなメロディが良くて、どんなシーンで掛かるのかと妄想。

【中島愛 as RANKA LEE】
 04 そうだよ(マクロスFlontier 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ IN)
 05 アナタノオト(マクロスFlontier IN)
 06 星間飛行(マクロスFlontier IN)


 そうだよもいい曲…。背景のスクリーンも、アニメ映像だけでなく、ライブのリアルタイム映像にエフェクトを入れたりしてるんですね。いろいろと仕掛けてくる。キラッ☆も、特別OPと本編初お披露目の回。やはり生歌でこの映像は(以下。

【サプライズ】May'nさんへのハッピーバースデー
 声シェリルこと遠藤綾さん登場。
 ケーキが運ばれてきたかと思ったら、巨大鯛焼きに蝋燭刺さってて噴いたw 比較用に標準サイズありましたが直径で7~8倍で、すごく…大きいです。

【May'n & 中島愛】
 07 ダイアモンド クレバス(マクロスFlontier ED1)
 08 トライアングラー(マクロスFlontier OP1)
 09 ライオン(マクロスFlontier OP2)

 前半はFRONTIERチームがカッチリ盛り上げてやんよ!とデュエットコーナー。
 ダイアモンド クレバスでは、シェリルがランカの前で初めて歌を披露するシーン(めったにしないんだからね♪のアレ)が流れていたんですが…な・ら・ば!最初のAメロは中島さん、次いでMay'nへ―という本編リンクの構成を聴きたかったです。スタッフさん、いけずー。でも曲後半では、クランクランとミシェルの別れエピソードが流れて…(ノД`;)
 トライアングラーとライオンも、舞台を大きく使ったパフォーマンスが圧巻です。たのしー。

【飯島真理】
 10 Echo
 11 Suki To Ienai
 12 Like Never Before
 
 聴いたことない曲が続くんですが…はて? 新曲…?と思って聞き続けていたら、歌い終えて袖に下がってしまいます。…あれ? 「ざわ…ざわ…」を、こんな規模でリアルに味わうとは思いもせず。
 次のアーティスト紹介でやっと気付きましたが、本人名義の曲を披露されていたようです。…いやいや。アルバム何枚か持ってますし、いい曲たくさんありますけど、本ライブのキモは、作品内の歌手が時空を越えて集結する、という一点に尽きるわけで。その幻想空間にリアルが出ては。これはどうなんだろう…。

【映像】
 マクロス
 小白竜
 愛は流れる

 むはあああナツカシス…。OP曲の歌い手はお亡くなりになっているだけに、この映像は泣けます。FRONTIERの映像を先に見ていても、初代OPの動きは色褪せないなぁ。そして小白竜へと続くのですが、本人いるんだから歌ってえええ

【飯島真理 as LYNN MINMAY】
 13 私の彼はパイロット(超時空要塞マクロス IN)
 14 0-G Love(超時空要塞マクロス IN)
 15 ランナー(超時空要塞マクロス ED)
 16 シンデレラ(超時空要塞マクロス IN)
 [MC] 故・加藤和彦さんへ―
 17 愛・おぼえていますか -合唱-(超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか IN)

 と思ったところで、ミンメイとしての飯島さん登場。しかし飯島さんフリーダムw アレンジが強烈でマクロスとしての世界観や懐かしさは…うーんw 細かすぎて伝わらない~のエハラマサヒロ思い出しました。
 愛・おぼえていますかの直前には、加藤和彦さんの訃報に対する思いを語っておられました。弾き語りのピアノバージョンは、じわじわと染みてきたなぁ。

【映像】
 マクロスプラス

【新居昭乃 as MYUNG FANG LONE】(シークレット・ゲスト)
 17 VOICES(MACROSS PLUS ED)
 18 WANNA BE AN ANGEL(MACROSS PLUS IN)

 マクロスプラスきとあああ! スクリーンにYF-19・21の機体とアーティスト名が出たときの盛り上がりったら、なかったですよ。ライブの発表があった時、真っ先に「なんでシャロンいないの?」と話していたものですが、答えはこのサプライズにあったわけで。ミュンも歌姫でしたね。
 アカペラで始まるVOICESのイントロはなんという至福。後ろのスクリーンでは、風車が回って…グライダーが飛んで…いるのですよ(ノД`;) WANNA BE AN ANGELにおける歓喜も素晴らしく、伴奏を努めた四重奏の弦楽がまたエロい音を響かせます。欲を言えば、あと一曲。INFORMATION-HIGHで文字通りハイになりたかったです。
 そして1日目ではこのパート、マクロスⅡより、笠原弘子 as ISHTARで「もう一度Love You」だったとか…くそう、聴きたかったなぁ…。マクロスⅡは黒歴史扱いかと思ってましたよ。

【映像】
 マクロス7作品冒頭のナレーション
 SEVENTH MOON

 SEVENTH MOONは他に倣ってOPサイズかと思ったら、フルコーラスでした。いやいやw フルで流すなら、本人いるんだから歌ってくれとw

【FIRE BOMBER】
 19 PLANET DANCE(マクロス7 IN)
 20 Burning Fire(マクロス7 IM)
 21 MY FRIENDS(マクロス7 ED1)
 22 REMEMBER 16-アコースティック-(マクロス7 IN)
 23 PILLOW DREAM(マクロス ダイナマイト7 IM)
 24 ANGEL VOICE(マクロス ダイナマイト7 IN)
 25 弾丸ソウル(マクロス7 IM)
 26 DYNAMITE EXPLOSION(マクロス7 IN)
 27 HOLY LONELY NIGHT(マクロス7 IN)


 満を持してFIRE BOMBER登場。一発目からガツンときましたわー。2曲目には新曲、3曲目には「終わりの歌(福山さん言)」と、熱さ・新しさ・懐かしさの怒濤。そしてMY FRIENDSでは、カジウラさんが2番で歌詞飛ばしてやりなおしという、ありえないハプニング発生。JAMライブで見た光景再びwww DVD出たら何事もなかったようになっているのかな。Burning Fireはメチャメチャライブ向きの曲ですね。気持ちいいー。
 REMEMBER 16では、「バサラが夕焼けバックに背中向けて歌ってたんすよね」と、曲紹介で言った映像がそのまんま流れて噴いたw
 弾丸ソウルは、タイトルからして無性にB'zを思い出してしまうのですが、曲もそれっぽい雰囲気。しかし盛り上がる。そのままダイナマイッ!とHOLY LONELY NIGHTへ。DYNAMITE EXPLOSIONではスクリーンで公式PV流れてます。このあたりから、腰が痛かったはずなのに痛くなくなってきた。ヤバイ。

【FIRE BOMBER widh 神奈延年・櫻井智】
 28 LIGHT THE LIGHT-合唱-(マクロス7 IN)

 声バサラによる「オレの歌をきけー」がきましたよ。それにしても年を召された様相で、時間の流れをしみじみ感じます。なんて思っていたら、「14年前の日本青年館で初めて一緒に歌った曲です」との紹介…そこにいた当時を思い出して、熱く込み上げてくるものを抑えられません。歌詞もしっかりおぼえているもんだ。

●ENCORE
【FIRE BOMBER meets SHERYL NORM】
 29 突撃ラブハート(マクロス7 IN)
【LYNN MINMAY meet RANKA LEE】
 30 天使の絵の具(超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか ED)

 クロスオーバー、と銘打ったライブなら、この構成がなきゃ嘘よね。ロック担当の2組と、バラード担当の2組。相性のいい組み合わせも素晴らしく、「私たちの歌をきけー」の掛け声に感無量です。
 飯島さんとのセッションで、中島さんの声色は改めてミンメイに通じるモノがあるんだなと思ったり。

【超時空アンセム2009】
 31 息をしてる 感じてる(超時空アンセム2009)


 マクロスにおけるWe are the world。ミンメイが、ランカとシェリルが、バサラとミレーヌが、一堂に会した奇跡の一夜の余韻を残しつつ大喝采。

【終了案内】味方殺しのカムジン様
 「明日から東京モーターショー控えていて、おまえらが早く帰らないと撤収できねーんだよ。そうなるとペナルティ金発生すんだよ、早く帰れコノヤロウ!帰りにメルトランと文化すんじゃねえぞ」という素晴らしいオチを付けて終演。最後までマクロスらしい演出に酔いしれたライブでした。終説で罵倒されるなんて、悪男づん子以来です。

 10/25追記:タイアップを追加しました。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
「マクロス クロスオーバーライブ(MACROSS CROSSOVER Live)二日目」のレポートと感想・其の弐
続いて「マクロス クロスオーバーライブ(MACROSS CROSSOVER Live)二日目」のレポート&感想の後編です。いよいよ登場の「マクロス7」も、再びOP曲のSEVENTH MOONに合わせてOP映像と本編ダイジェストを組み合わせて流されました。そして満を持して「FireBomber...
80年代からアニメを見続けている人のアニメ感想ブログ - URL 2009.10.20,Tue at 19:44:57
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]