忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2020.02.18,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2010.09.19,Sun
 -脚本:伊藤美智子 絵コンテ:京田辺 演出:出合小都美 作画監督:安彦英二-

 
 マヤの変化?
 自宅を売りに出す契約書のようですが、そのことについて憂う様子と、教室で浮かべる穏やかな笑顔との対比が序盤から切なくて仕方ない。ときて、一端うさんくさい降霊術の授業へ。幽体離脱もそうですが、自然にオカルトしているのがアホだ。その手の授業が単位としてあるのかw そしてまさかの教頭指導きました。失敗でてへっ♪なキャラかと思いきや、真っ当にやれてるじゃないすか。
 呼び出された霊は校長じゃなかったけど(座敷童子かと思ったw)、ちょこんと座る様子やつまんでくる仕草に庇護欲が掻き立てられてならんわ。あとJKが霊を見られないとはこれ意外。

 
 あかりちゃん、ヤヴェエエエ(ノД`;)
 だからこどもの霊って反則だよ…。住んでいた場所探索の過程から死亡理由までの到達が、目に見えてじりじりくるので居たたまれない。あと捜索手伝いのつもりだった文明を遠ざけたのは美風さんの策略?
 そんな切ない展開でも忘れない、今週のフトモモショット。吹雪の固有結界は随分早く展開されていたので、クライマックスには至らないんだろうけど、消失もまた早かったなぁ。そして、幼少時の孤独が重なる展開が…(ノД`;)

 
 美風さん、マジ黒そう…。
 文明とマヤの電話に、さも自然に割り込んでくる美風さん、計算の匂いがプンプンしてくるんだぜ…。
 あかりちゃんの父親を捜して、説得に向かうマヤ一行ですが、娘を死に至らしめた後悔と懺悔からか、霊の話を頑なに拒絶する父。オカルト学院のお膝元ならば、ある程度話は通じそうな気もしますが、残りは後編へ。寂しげに帰りを待つあかりちゃんの姿に、今からもう泣けてくるなぁ、くそう。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]