忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.01.24,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.12.02,Wed
 http://www.macrossf.com/movie/

 平日の空いている時間が狙って――と思って新宿バルト9に赴いたのですが、予想外に観客が多くて驚きでした。
 中央で視界いっぱいにスクリーンが入る位置で鑑賞しましたが、大画面・音響の素晴らしさに圧倒されます。
 TVシリーズからの転用半分、書き下ろし半分くらいだったと思いますが、ストーリーの機軸となるパートはほとんど後者で、新たなマクロスFワールドを味わえました。
 ストーリーの改編も自分はツボにきました。こういう視点もありか、と思わせるパラレル展開に、スタッフのやる気とこだわりを感じます。2時間にまとめて違和感のない、省略を巧みに用いた脚本も見事。

 序盤のコンサートシーンから圧巻。イントロにあるWAO!の掛け声そのままに唸ってしまうライブシーンは、純朴な白兎と妖しい黒バンパイアに扮した二人のシェリルの鏡演。可憐さとセクシーさ、シェリルに共存する二つの魅力を同時に魅せる発想の勝利です。このステージから、シェリルの可愛さにハァハァする2時間が始まりましたよ。
 そしてTVシリーズと決定的な違いを魅せる序盤のヴァジュラ強襲パート。アルトが救出するのはランカでなく、シェリルという展開には驚かされました。最終的に助けきれないわけですが、スパイ容疑を廻る後半の物語展開をみると、この時点から信頼関係を絶妙に匙加減していたと思えてきたりも。

 中盤、アルトとシェリルがキャッキャしているデートシーンでは、シェリルの新たな魅力をまだ引き出してくるスタッフの根性に感服です。ちなみに前後左右の席がカップルばかりで、妙に腹立たしかったり…。 あとシェリルのケータイデザイン噴いたwwwそれは部長のwww
 一方、ランカはイロモノCMソングでヨゴレ仕事に専念。兄の心配がまさに的中するのであった――。こういうお茶目な冒険というか、イタズラは大好きです。納豆もこええええ!!ガテン系の人達を前に、そんな衣装着ちゃらめええええ。

 そして、アイモをシェリルが知っていた、とする設定も大きなパラレル要素の一つですね。ランカの歌声に、シェリルが被せてくるシーンの曲は、ダイアモンド・クレバスではなかった…。ランカとシェリルの過去を、のっけから引き付けて関係性を一気に深めにきたなぁ。
 さらに終盤、スパイ容疑と付随して、グレイスをギャラクシーの軍属として告発するのも大きな転回。どこまでグレイスの裏を把握しているのか不明ですが、いろいろ変えてくる脚本が殊の外新鮮で楽しめました。SMSを金で動かす流れも、民間軍事プロバイダーの特性が強く打ち出されていますね。

 クライマックスはシェリルのリベンジコンサート。SMSの救出ミッションに歌を重ねてくる構成から、再度の強襲へと繋がる物語が熱い。工場地帯のように見えたステージがカメラの角度を変え、柱にスクリーンがかかるとそれは帆船の姿に。そして新曲オベリスクが掛かるとくれば、それはもう盛り上がらなきゃ嘘だ。
 新たに書き下ろしたドッグファイトの映像は、板野サーカスの爆発的な加速に、3DCGによる奥行きを加えた演出が絶品です。それを大きなスクリーンで味わうカタルシスときたら、それはもう…!シェリルやランカの動きも然りで、戦闘機同士の戦いに生身である臨場感も鮮烈です。生存への意志が随所に込められた脚本ゆえか、ライオンのサビ「生き残りたい」が、印象深く響くんだなぁ…。
 SMSの各メンバーにも見せ場はガッチリ。ケーニッヒ・モンスターは一度きりのバンクで、美味しいところをもっていく。そしてパラレル物語ときて、何よりも期待していたミシェルの運命。スナイパーが姿を晒したらそれは…!と思わせて、死亡フラグ回避してやがった!ヤッホーイ。完結編ではクランクランとの関係を是非クローズアップしてください。

 マクロスFの構想は「過去を振り返ることを初めてやる」と見た記憶がありますが、虚空歌姫も過去の劇場版への回帰を感じさせるものでした。「貴官(貴艦)を援護する」なんて台詞は、古参のファンに嬉しいサプライズだw
 TVシリーズの再構成どころではない。パラレル展開満載の劇場版“新生”マクロスF。完結編に大いなる期待を込めて、まずはスタッフの皆様に百万の感謝とエールを。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]