忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.03.30,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.08.18,Tue
 http://www.karanokyoukai.com/

 1~6章まではDVD鑑賞でしたが、最後くらいはスクリーンで…と思い、夏休みに早起きしてテアトル新宿へ。映画館へ来たらパンフレット買うのが家訓というくらい、我が家では購入必須なのですが、いつの頃からかワンコインで買えない時代になったんですよね…。そしてまだ甘かった。1K出してギリでお釣りが帰ってくる高さて…。それでも購入時は抵抗なく買ってしまったのは、金銭感覚がまだコミケモードだったからでしょうか…。あとパンフにあった和月伸宏さんのイラストに驚いたw

 「式。君を――― 一生、許(はな)さない」
 黒桐がこのセリフを口にする瞬間、如何に美しく魅せてくれるか。この一点に最大の興味があったわけですが、見事にその極みを表現してくれました。
 式は殺人鬼だったのか?という殺人考察(前)の疑問を追う序盤~中盤と、その答えが明らかになった後、越えてはいけない一線を越えてしまうのか、という命題を突き付けられる後半。
 全編を通して舞台が夜という暗さ・怖さが、二つの疑問に対して強烈な圧力を掛けてくること。どこからCGでどこからが描画なのか判別できないナチュラルな背景は、とんでもない臨場感を生み出します。そんな空気の中、式が殺害現場に居合わせたり、乱闘相手の死亡ニュースが流れたりのミスリードと、連絡の取れない黒桐の焦燥が追い立てられる。ここに怒濤の梶浦楽曲が浴びせかけらるとなれば、もう虜まれるだけ。

 里緒先輩:保志総一朗のキャスティングも予想以上にキテました…それはもう色々と。「嘘だッ!嘘だッ!」のセリフにはつい頬が緩んだw そのキーパーソン・里緒先輩を間において、黒桐と式の本質に迫るドラマも、やり残しがないよう存分に。
 4年前の真実を、黒桐と式それぞれの視点から描いて(黒桐→式の順番を意識した作りも絶妙)、二人の気持ちを照らす。式が跳ねとばされる衝撃的なシーンを、二度とも持ってくるあたりは、さすがufotable。自重しないぜ。二人の気持ちを余すところなく伝えた後のラストシーンは、極限に切なく、優しい。主題歌seventh heavenは、ただ一緒にいられることの喜びを伝えてきて、敢えて抑えめにしたメロディラインが、式らしさを表しているよう。

 桜の花びらが舞い散るエピローグは、FateのHeavens Feelのそれを思わせる演出ですね。一番最後のシーンは、これ以上ないっていうくらい美しく仕上げてくるんだなぁ…。そのキャラクター達の未来を、背景で語らせる奈須作品の真髄(翡翠ルートで空に舞うリボンは今でも鮮明に思い出せます) 。黒桐と語り合う式は、着物の色合いもあって、シリーズを通して最も可愛い女の子にみえました。ちなみに7章で一番グッときたのは、「こっちで寝ろ」と誘ったのに、手を出してこない黒桐に怒る式だったりします。

 一章ごとに劇場化するとの報を耳にしたときは、なんて冒険を…と思ったものですが、2年半をかけて素晴らしい映像を魅せてくれました。全てのスタッフ・出演者に百万の感謝を。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
空の境界 第七章 殺人考察(後)
ついに完結―――― 空の境界〈下〉 (講談社文庫)(2008/01/16)奈須 きのこ商品詳細を見る空の境界 第七章 殺人考察(後)
HISASHI'S ver1.34 - URL 2009.09.07,Mon at 01:42:15
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]