忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.03.31,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.09.14,Mon
 -脚本:荒川稔久 絵コンテ:ところともかず 演出:清水久敏 作画監督:鷲田敏弥-

 
 ホロの独占欲いい…。
 というか独占されてー。夢でうなされるほど、ボランに持ちかけられた商談の重みを悩むロレンスを、悪戯にも似た独占欲でいびっているけど、元気づけてもいるようです。縄張り意識という本能にしても、この仕掛け方は存外に可愛い。ホロを担保にして現金を揃えるという話は、大いに悩まされるところ。しかし相棒として任せるくらいの信頼と自信がないロレンス。瞼を平たくして睨む姿も、定番になってきましたね。そんな不機嫌な顔もまた魅力なのです。

 
 検証
 ボランの商人としての素性と、街で起きている毛皮の取引問題について、情報収拾に励むロレンス。教会の側で 暮らすホームレスとのやりとりが、本話で一番興味深かったですね。お互いこなれた会話の差し引きが、プロっぽくていいし、ヒゲの言葉には一つの真理があります。
 街娘も再び。ロレンスを引っ張っていった先では襲われるかと思ったw ホロー!ホロー!はやくきてー。
 で、そこを上手く抜けてきた後の、ロレンスとホロの会話でニヤニヤ。このエピソードの最後には、酒場に二人で赴く姿をみたいものです。

 
 商談成立。
 ホロを担保に出す見返りとして、毛皮を売った代金の一部と宿屋の譲渡が契約される。ロレンスの夢に大きく近づく商談が成立。今までにないリスクを背負う取引に置いて、まず裏切られはしないのか?という疑問が湧きますが、事前の下調べに割いた時間が反証。そして、ボランの手が震えているあたり、彼女もまた大きな賭けに出ていることが伺えます。では商談が無事成立したら、その先に待つものは…?ロレンスが願って止まなかった街商人への道が開け、ホロとの旅はどうなってしまうのか。前話でホロが気に掛けていた問題と重なる、二人の関係を大きく変える答えが待っているようです。ホロとロレンスの交わる視線が、どことなく寂しかったり。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]