忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.11.21,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.10.04,Sun
 -脚本:岡田麿里 絵コンテ:安藤真裕 演出:安藤真裕/安斎剛文 作画監督:関口可奈味/石井明治/山下喜光-

 
 散華と覚醒
 不安と凶兆を廻らせてとうとうマリア散る…。というフリからの復活。盛大なミスリードの効果は抜群です。マリアが弾けるビジョンを見つつも、死んでいないことを確信するカナン。アルファルドにはっきりと答えるシーンは、地味ながら大きなカタルシスを得るものですね。アルファルドという屈指の相手がいたからこその覚醒。パワーバランスが大きく崩れた瞬間、渾身のアクションで魅せる魅せる。
 そしてまさかのユンユン救出フラグ。見捨てたように見せて、マリアのところへダッシュしてたんすねw ボナーとしては力がないけど、最後に大仕事なしとげた。気合いの勝利。
 「マリアは友達なんだ。」と、答えを見出したカナンは無敵。OPを彷彿とさせるヘリからの銃撃と反撃は、素晴らしい仕掛け。盛り上げてくれるなぁ。

 
 手が…手があああ!
 本人も気付かなかった(ように振る舞っていた)アルファルドのアイデンティティを、カナンが見つけたことで二人の勝負は決着がつく。シャムの刺青を刻んだ二人の手が繋がるのは、予想がつきましたけど、この状況に至った過程を思うと感慨もひとしお。アルファルドのナイフでカナンの刺青が顕わになる、というのが巧すぎるんだぜ…。
 銃で腕を撃ち千切るという発想も衝撃。断続的に響く銃声と返り血の演出には寒気を覚えた。落ちるアルファルドと残された腕の重さの、後味の悪さというかやりきれなさが、綺麗に残るなぁ。

 
 エピローグへ。
 カナンとマリアの関係は百合というカテゴリではないのかな。友情以上の絆はあっても、恋人方面への発展は感じさせないのがいい。カナンが男性的であるから百合っぽく見えないんだろうか…。そして離れているがゆえに幸せであろうという決断も、自分にはハッピーエンドとして伝わってくるわけで。
 最後は各キャラのその後ですが、待ってましたと登場のジョージ、肉まんの次はスイカのユンユン(そして胸元をまさぐる店主w)ときて、なんと出家のカミングズ! なんて爽やかな笑顔だよ…。
 そして空港には片腕の女が…!?生死不明を匂わせて終わらせれば良かったんですが、この後、生存が確認されてしまうのは蛇足かなぁ…。
 「あれ(マリア)、あたしのだ」という、第一話で描いたスコープ越しの台詞 にて締めくくり。ねこマンもどきのぬいぐるみや、ユンユンの豊胸ネタもそうですが、ニヤリとさせる脚本ですね。

 
 人は彼女たちを―CANNANと呼んだ――!(千葉繁風)
 思い切りBOSS噴いた。いやいやいやwwwこのオチはねーよwwww
 OPの後ろ姿は、実はエンディングだったという種明かしも 気持ちがいいですね。最後まで見終えたここで、感慨にひたれる気持ちよさ…。数年後のカナンが、アルファルドと同じ髪型になっているところもニクイ演出だよ。

 総評
 OPアニメーションのキレる映像にホイホイされて視聴継続してきましたが、ミステリアスなストーリーとガンアクションの二柱で、最後まで魅せてくれました。合間に入るコミカルな展開も、香辛料的な役割を担ってくれましたね。一度弛緩されるからこそ、その後の引き締めはいい具合になるわけで、特にユンユンとリャン・チー様の存在は記憶に深く残ります。タクシードライバーやネネのお約束も外さなかったw あとババア結婚してください。
 一本の筋を真っ直ぐ追いかけたストーリーは、ファクトリー編のあたりから予定調和感が漂い、最後のパネル表示は、やっちゃった感炸裂でしたけど、大いなる予定調和もまた一つの完成型なわけで。カナンとアルファルドを機軸に、敵味方それぞれに想いの在り方を描いた構成は素晴らしいものでした。
 役者の演技と画もピタリと嵌ってましたね。ハッコーさんとリャン・チー様の末期のインパクトは絶大で、狂気と愛情の間で揺れ動く表現には寒気を覚えたほど。全体を通して、芯のあるみゆきちボイスもすこぶる魅力的でした。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]