忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.10.18,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.08.10,Mon
 -脚本:岡田麿里 絵コンテ:安藤真裕 演出:浅井義之 作画監督:川面恒介-

 
 「ラーヴ ・ァーンッ?」
 「「ピィーーース!!」」
 アメリカ/(^o^)\ サブタイの意味を理解したとき、色々終わったwwwと思いました。大統領がノリノリすぎるのもアホですが、ジャーナリスト達のレスポンスがありえん。どこのライブ会場よここ。
 前後して冒頭、前話のヒキで贈られた手紙は対テロ国際会議のパス。この差し入れを怪しいと思わない(御法川は一瞬疑ったように見えたがやっぱりダメだったw)、二人の頭はいい感じに温まってます。そしてチャイナの歌のひと?本人がついに降臨。後にジョージも口ずさむことになる新曲がムダに凝っててる。てか、アンタ毎回どこから来るんだw
 リャン・チーとアルファルドの過去もチラ見。名前からして義妹なんだろうけど、盲目的なまでの愛情はどこから芽生えたものやら。そしてリャン・チー視点のカナン、ああ、こんやはこんなにも、つきが、きれい----だ。
 ハッコーさんもついに発声きt…って、こええええ!ミノさんが大変なコトに((((;゜Д゜))) ハッコーは声にウイルスが発現するから、一言も口にしなかったわけですか…。

 
 アルファルドさんコスプレ劇場、第二幕。
 大統領最高潮の瞬間にテロきたよ。ライブの演出かと思うタイミングワロタw アルファルドとマリアが束の間の邂逅を果たしていますが、その口ぶりから過去に相対していた様子? アルファルドがウィルスをもって仕掛けようとする何かに、マリアは欠かせない鍵のようですが、何も知らずにこのシーン見たら普通に百合…。そんなことを知らずに妹のアバターは大統領に負けじとノリノリです。今日はギャグのキレ、シリアス展開とのギャップがすこぶるいいですね。
 回想のシャムに語りかけながら、アルファルドが歩む先には何があるのか…。差し出した手を見て振り返る姿も印象的。アルファルドはシャムに鍛えられ、シャムを殺した?このあたりの因果関係がストーリーのキモなのでしょうが、幼少時と現在を演じ分ける真綾ボイスも実にいいなぁ…。

 
 銀様、大・再・臨!!
 虐殺楽しんでいるところにアルファルドが入室するや、スカートの端を気にする乙女心にキュンときた。そしてイキナリの後ろ回し蹴り、踏みつけての脅しっぷりにズギューーン。テロリストっていうか、これどうみてもヤ○ザ。田中理恵という声優の活かし方を、120%理解した脚本に大喝采です。触覚女・マリアの捕まり属性もなにげに凄い。
 リャン・チーの暴挙は計算通り、アルファルドによって阻まれますが、この出来事が二人の関係に一石を投じたような描写も。妹はアルファルドに撃たれて死にそうw
 要人が避難したシェルターでウィルス保持者が喀血。これで各国首脳にもウィルスがバラ巻かれますが、抑制薬を糸として、要人を操り人形と化すのが蛇の目的?マリアを救うため、眼差しに鋭さを戻したカナンの大暴れも次回に期待大。6話にして出し惜しみなし、ド派手な展開へ雪崩れ込むわ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]