忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.07.25,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.08.31,Mon
 -脚本:岡田麿里 絵コンテ:西村純二 演出:許琮 作画監督:石井明治-

 
 ユンユン、いろいろと悲劇…。
 饅頭売りがいつも通り明るかったので笑い飛ばしてましたが、故郷で死を迎えようとしていたとは…。ある種、悟りの域に達しているのかも。その後、ハッコーさんからキツイお仕置きを受けた挙げ句(ハッコーさんギャップがたまらなく可愛いです…)、マリアにマウントをとられてパンチパンチ。シリアス展開なのに悲壮感が皆無なんだぜ…ユンユン(ノД`;) そして我らがマリアさん、いつもながらポーズがエロい。
 マスクを被った連中の正体も一気に解説。ウィルスによる発現がなかった者で、目に日を浴びるとアウト。物語序盤で、サンタナが彼らを保護していた理由に結びつきました。にしてもイキナリ現れてマシンガンブっ放してくる展開は、唐突に過ぎる気が…。お隣のおじさんは、なんでここにいたんだろう。
 アルファルドが持つシャムからの手紙はキーアイテム?その内容が今のアルファルドの行動原理になっているのかな。リャン・チーはメンヘラ街道まっしぐら…((((;゜Д゜)))

 
 サブキャラの味。
 マリアに死体を撮影させる、御法川さんの厳しさがいい。大きな転機を迎える一話とあってか、各キャラクターの見せ場きますよ。キャラの本質が垣間見える、フェイスアップのカットが印象的です。…なんて思っていた矢先にさすがの御法川さん、変顔大賞www
 村に到着後、サンタナが速攻で過去に犯した罪をゲロします。容赦ない展開の速さだなぁ…。加害者のサンタナと、被害者のユンユン、両者の視点から状況を的確に伝える説明が判りやすい。ハッコーさんが置き去りなのは、なにか理由があるのかな?
 あと夏目さんが電話をしている相手は誰なんだろうか…。出番少ないけどババア可愛いよ。

 
 カミングス乙。
 幼ユンユンかわええ…。そして銀様リャン・チーこええええ!! 歌が怖すぎる。そのリャン・チーに銃を向けるアルファルドも凄い。切り捨てろ、ではなく斬り捨てろとは、冷徹にも程がある。シャムに関わる因縁がどれだけアルファルドを駆り立てているのか。リャン・チーを撃つのは、カナンを殺させないために見えるけど、でもカナンを前にして自分が手を下すわけでもなく、何かを待っているのかな?
 カミングズの反逆は想定済み。BB弾がここまで引っ張られるネタになるとはw

 
 最終ステージ?
 始まりの村から終着の園へ。フラグ回収ルートを着々と進めていきますね。アルファルド自ら誘ってくる展開もベタな…w ストーリー構成手堅いなぁ。カナンの感覚もアルファルドの気付けで復活したかに見えたけど、一時的なもの? アルファルドの色がシャムのそれと同じである真実は何を語るのか…。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]