忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2020.07.12,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.10.24,Sat
 -脚本:吉野弘幸 絵コンテ:岡村天斎 演出:千葉大輔 作画監督:小平佳幸-

 
  OPきましたわー。
 初見なのに第二期OPな雰囲気漂っていてワロタw ステレオポニーらしい伸びの良さがしっとり…くるんですが、Bメロがレイアースの第一期みたいだ。
 キャラ紹介も意味深で(父生存?)、クラスメイトとの幸せな海岸の風景は泣けてきます。そして黒の後ろ姿は第一期の面影。最後にもってきた蘇芳の銃がなげえw

 
 三竦み?
 ジェダイきた。物体を強化できる能力者のようですが、MI6、CIAともう一つの組織が紫苑をターゲットにしているようですね。第二話も戦闘シーンの動画は気合い入ってますね。木立がある限定された空間で、奥行きを活かしたアクションに見惚れます。
 紫苑は蘇芳を囮に雲隠れしたようですが、とするとペンダントもダミー?蘇芳に語りかけた声はマオのそれでしたよね? やっぱりモモンガに憑依しているのかな?

 
 対価ああああ!w
 男とキスする、ってなんつー設定こしらえたんだかw 襲い方といい貪るような激しさといい、素晴らしいの一言につきます。口直しもどんだけ吸ってんすかwハードなストーリーとアクションを描きつつ、こういうコメディタッチな設定がたまらないのですよ(本人は大真面目なのがまたいい)。

 
 えいぷりるー
 死体袋インで死亡確定っすか…(ノД`;) 第一期キャラでも容赦なく退場。さらに友人の記憶もバッサリ抹消。MEってのはMemory Eraseの略なのかな? そしてよもやのニカ復活劇。ターニャに襲われたことが結果的に吉とでた模様。
 一方、中東?ではCIAのエージェントと情報屋?が接触。ジョージきたわ。このあたりがどんな伏線になるのやら。
 そして元気娘、蘇芳の本領発揮。自分を捉えにきた相手を逆に脅すという、ポイジティブさがいいですね。相変わらず演技は良い棒なので、少年とも少女ともつかない頑張りっぷりが微笑ましい。…などと思っていたら、黒にリアルに襲われて胸揉まれ。黒の株価はストップ安です。

 
 デコきたあああ!
 四すくみの攻防が盛り上がってきました。契約者なんぞ…というスタンスの軍人さん、いい味出していて好印象だったのに早々に退場とは…(ノД`;) 現状は、ロシア、イギリス、アメリカ、日本?が紫苑の流星核を奪い合っているという状況でおk?
 オーガストは魔術を種なしに使えるという、かなり万能な能力ですが、種をバラさなきゃいけないという対価にはゲンスルー思い出します。…って、戦闘デビューしたエピソードで死ぬんすか!このスピーディな展開にシビれる。魔術を使って生き残ってそうな余地もありますが。
 なんて思っていたら、黒もトラップ捕まった。装置の余波と蘇芳のペンダントが触れて、銀の回想が…黒の手が届いていないあたりに悔恨の情が伺えますし、リボンが解ける様は死の隠喩なのかなぁ。
 2話もガッツリ盛り上がりましたが、最後にデコきましたわー。やはり彼女が出なくては!
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]