忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.10.19,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.11.06,Fri
 -脚本:岡田麿里 絵コンテ:五十嵐卓哉 演出:岩崎太郎 作画監督:工藤裕加-

 
 霧原さん逃げてえええ
 契約者になったことで蘇芳は感情が抑えられたようで、あれほど楽しげに撮影していたカメラへの興味も失せてしまったよう。契約者以前・以後の落差を、如実に表すアバンタイトルです。
 で、OPあけたら霧原さんが三号機関入り…したはいいんですが、うしろ!うしろ!対価にキスしちゃうような方が狙ってますよおおお。そして早速のボティタッチ。女性が女性の後ろから動きを封じるって妙にエロいですね。素晴らしい。

 
 二重生活の始まり。
 またしても偽装生活きました。なんで黒の近くにくる人はこういうタイプなのかなw 契約者としての能力を持ちながら、感情を豊かにコントロールする黒は久々。下手に出る腰の低さも魅力でしたが、今度は子供達の教育も大変。
 一方、蘇芳へのサバイバル訓練も併行。蘇芳が生き残っていけるための手伝いなのかな? 逆に黒への殺意を抑えない蘇芳は、契約者としてのドス黒さが見えてくるなぁ。切ない。
 そして黒のエロス訓練ktkr。逆立ちしつつ片手でスカートを押さえる恥じらいは大変によろしい。そしてベリーダンスで揺れる尻をガン見する黒は、黒の変質者www

 
 指笑顔…(ノД`;)
 月経を物語の前面に押し出し、また、女の子の顔面にワンパン入る映像は珍しい。初潮ゆえにその痛みを理解できず、ラーメンに当たったと思って当惑する蘇芳の動きが稚い。
 黒にブン投げられるマオの画は、ディズニーっぽくて笑ってしまうんですが、弛緩できるポイントがあればこそ、痛みで能力を発動してしまう蘇芳の苦悩が引き立つもので。そしてそんな危機を救うのは、痛みに縁のないオカマとくるわけで。黒の「笑え」の命令に従う律儀さもいいなぁ。って、ジュライ、それ銀の指笑顔じゃないですか…。

 
 オヤジwww
 日本で出会ったお調子者にニカを投影する切なさよ。そんな思いも知らずに脳天気に頬を染めるバカさ加減が、また蘇芳の哀しみを際立たせるんだよなぁ…。で、その裏ではマオがまた活躍w
 エイプリルと蘇芳を望遠で捉えた一枚画と、Cパートにある霧原さんと情報屋の2ショット。女性になった蘇芳と、女を捨てて仕事に勤しむ霧原さんとの対比も垣間見える一幕でした。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]