忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.05.26,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2010.02.22,Mon
 -脚本:吉野弘幸 絵コンテ:池添隆博 演出:三浦陽 作画監督:中路景子-

 
 給料日きましたー。
 ほんわかしていますが、ここ職場なんですよね…。給料日、それも初任給となればさぞ嬉しかろうもんよ。給料は何か別の稼ぎ口から出ていることを匂わせますが、ノエルの当て身の速さで和んだw
 キャラの日常、街の生活感が程よく描かれているので、小隊の休日ローテーションとか、いろいろと現実味を帯びた想像してしまいますね。骨董屋への足運びから、1話の祭りを彷彿とさせます。市の開催で休日気分が出てきますね。

 
 ノリノリな一味。
 密造酒作りが副業で、田舎のマフィアを通じて捌いていたんすね。それが中央の組織に介入されそうになって一芝居ときたわけですか。話が実に判りやすく、フィリシアさんとリオ先輩がノリノリだ。クレハの言う「黒さ」が、演技に入ってきているよw 女ボスを気取る黒さと、芝居が終わったあとの素の落差もまた良し。そして逃げたマフィアの車には落石が…?

 
 二重構成キタコレ。
 時間を巻き戻してカナタ視点によるドラマがきます。ガラス窓にぶち当たるところが起点になって、今ひとつの物語が描かれるのですね。こういう二重視点構成は大好き。Aパートではユミナとカナタが楽しげに衣料品を見ているようにしか見えなかった1シーンなのに、カメラが寄って二人の表情が見えると全く違う趣が。同じシーンでも異なる一面が見えてくるというのは、やはりおもしろい。

 
 崖っぷちの家解体しとけw
 或いは立ち入り禁止に。これはもう落ちてくれと言わんばかりのシチュエーションなので、家が出てきただけで笑ってしまうじゃないか。そして予定通りに転落する幼女と助けるカナタ…いやいやいや。
 Aパートで起きた落石の原因がコレだったのも、ねーよwwwと思いつつ、探していた仕掛け箱もここで見つかる繋がりと、いろいろリンクする展開にニヤニヤしてしまうんだなぁ。
 そして最後はサブタイの髪結いで〆。お母さんの「髪を結ってもらなさい」のセリフにこれまたホロリと、リオ先輩の豊かな胸元がポロリと目移りしてしまうのであった。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]