忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.07.25,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.08.02,Sun
 -脚本:眞島浩一 絵コンテ:鈴木利正 演出:まつもとよしひさ 作画監督:池上太郎-

 アヴァロン城籠城戦の緊迫感高まる。
 過去の友を前に今をどう生きるかを思うアロウンと、目覚めぬ王を信じて戦い続ける仲間達。帝国軍に一方的に攻め込まれながらも士気は下がらず、波状攻撃に耐える戦線が燃えるわ!戦闘以外で共に支えるリムリス達の消火シーンも、胸が熱くてたまらねえええ。そしてこの戦いに被ってくる挿入歌がやばい。メチャメチャ心に響きます。序盤から投入なんて反則だぜ…。
 帝国側においても、ガイウスの覇道を行く決意が描かれ、感情移入するポイントを外さない。あのドでかい剣で密偵を仕留める姿に、OPで描かれる世紀末覇王のオーラが甦ってきたよ。

 そして、アルサル覚醒のクライマックス。帝国軍に破られられつつあるアヴァロン城と、タリエシンへの説得シーンが交差して、相互に盛り上げます。今まさに語っている仲間達の危機が、そこにあるのですよ。この場面にかかる管楽器中心の音楽が絶妙。気持ちを駆り立てる楽曲の昂揚感と、BGM無し・効果音のみで高められる臨場感との落差が、まっこと素晴らしい。
 タリエシンがアルサルの意を受け入れた後のブリガンテス族は、いすぎだろwwwと、ほどほどに頬が緩む余地を残しつつ、アヴァロンに向けた援軍の拳が突き上げられる。「「アヴァロンへ―!」」 この展開に奮い立たないわけがない。

 友の帰りを待つアロウン、王不在の城を支える仲間達、覇業に挑まんとするガイウス、己の決意を謳うアルサル、一族の呪いを受け入れるタリエシン。各勢力ごとのキャラクターをクローズアップして、籠城戦の進行と合わせて巧みに描いてきました。前話は映像・アクション面で楽しんだけど、今回はキャラクターの心理や本質に迫る脚本と、そんな人間ドラマを引き立てる音楽に魅せられました。決着が楽しみだ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]