忍者ブログ
「Take It Easy」が座右の銘な管理人の感想雑記。
Posted by - 2017.06.29,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2012.02.16,Thu

 今年一発目のロデオさん、吶喊してきました。
 チケ番も400番台と中々のところで、いざ入場すると3ブロック目のバーとれたので驚き。とてもZeppとは思えないスムースな入場。

 ツアー前のニューシングルとして、オープニングアクトは愛のWarrior。3度目だけど、スタートかますにはもってこいのノリですね。
 その後もひたすら跳ぶ・突く・振る曲が怒涛。アコギパートとシルエット以外、休むところなんてなかった。終ってみれば一目瞭然ですが、ほとんどの曲がシングルA面で、ベストアルバムかという絢爛豪華なセトリ。Go For It!とシャニムニの、調教曲2連とか死ぬわwwwwwけど、めちゃめちゃ楽しいwwwwww
 定番曲で入らなかった(他の会場との入れ替えだった?)のはInfinite Love、カナリヤ、慟哭ノ雨、恋音くらいかな。ガッツに勝る~も久しぶりに聞けましたし、今回初参加の方には、とても美味しい構成だったのでは。

 アンコールまで行って今日もやっぱりない…かと思った瞬間の「デタラメな残像」はゲキアツ。独特なドラムイントロを聴いても、一瞬、アレ?この曲で良かったっけ?と錯覚した、本当に欲しいものが来たときの一瞬の空白。
 「次はGRANRODEO結成前に、E-DUKAと作った曲を…」ときて、Be wish…にかすかな希望を抱いた人は何人いたのだろう…。

 次は夏の野外ライブも決まったことですし、今年もまだまだ追いかけていきたいですね。
 デタラメ~がクリアできたあとは、「甘い痛みは幻想の果てに」が展望曲かな。こちらも自分はずいぶん出会えてない幻曲になってますなぁ。

-セットリスト-
01.愛のWarrior(アンジェリーク 魔恋の六騎士 OP)
02.tRANCE(黒神 The Animation OP2)
03.アウトサイダー(キューティーハニー THE LIVE IM)

04.Darlin'(Instinct収録)
05.DECADENCE(鬼公子炎魔 ED)
06.Beat it,Love!(愛のWarrior c/w)
07.silent DESIRE(BRUSH the SCAR LEMON収録)

SOLO ~ Little Wing / JIMI HENDRIX (Cover Ver by e-ZUKA)

08.Go For It!(IGPX -Immortal Grand Prix- OP)
09.シャニムニ(恋音 c/w)

10.Soul crazy(HEAVEN c/w)
11.シルエット(慟哭ノ雨 c/w)

<アコースティックコーナー>
12.ガッツに勝るドラックはなし(GRANRODEOのテーマ)
13.僕と君の間(SUPER NOVA収録)

14.ROSE HIP‐BULLET(咎狗の血 OP)
15.SEED BLASTER(SUPER NOVA 収録)
16.チキン・ヒーロー(ROSE HIP-BULLET c/w)
17.modern strange cowboy(NEEDLESS OP1)

18.HAPPY LIFE(愛のWarrior c/w)

<Encore>
19.デタラメな残像(BLASSREITER OP)

20.未完成のGUILTY“style GR”(君が望む永遠)
21.ケンゼンな本能(DECADENCE c/w)

<W Encore>
22.NOT for SALE(DUEL LOVE~恋する乙女は勝利の女神~ OP)

PR
Posted by YoGAN - 2012.02.10,Fri
 左側の5列目というすばらしいポジションで(Jrさんと強様のプレイを間近で見られたのは嬉しかったです。特に今日は)堪能してきました。。
 セトリみてもタイアップ少なめで(MCも少なかったですね)、要所には、kalafinaが新しい方向性を見出した曲が配置されており、今出せるパフォーマンス・音楽性を全て出してきた感じです。

 事前に友人から聞いていたバンド曲がNumquam vincar(10話でほむほむが孤独な戦いを決意するときの、通称「もう誰にも頼らないのテーマ」)だったのも驚き。CD音源ではヴァイオリンをメインに立てた構成ですが、今日はドラムス主軸にベースが支えるソリッドなチューンに(今日は左側で本当にヨカッタ)。フロントバンドメンバーの腕が冴えるセッションは、ソロパートの入れ替わりも絶妙。あまりに格好良くてシビれました。この音源でCD出して欲しいわ。
 せっかくこの曲を出したなら、そのまま本編の展開どおりMagiaにつながる展開もアリだったかなぁw

 セトリはAfter EDENが中心で、素晴らしいものでした。Eden、destination unknownは大当たり。九月なかったのはちょっと残念ですが。
 既存曲については、大幅にアレンジ変えてきたのも素晴らしい(ライブ終盤でガチのKyrie、音楽が特に気持ちよかったす。このパフォーマンスは是非もういっかい見たい)。
 progressiveもライブで久々でしたが、今野ヴァイリンが最高にエロい瞬間でしたw

 アンコールでのまさかの新曲サプライズ。
 ジャパネットHIKARUコーナーがなかったことなんてとんでしまったわ。

 ニューシングル発売→Fate/ZeroのOPです。
 「実はもうレコーディングも済んでまして、今日のバンドはほとんどそのときのオリジナルメンバーでして」
 ざわ…ざわ…
 「歌っちゃいます!!」
 
 2期を迎えるに相応しい曲でした。ラストコーラスの部分では、切継が士郎を抱きかかえたシーンが浮かびますね。KalafinaよりFictionJunctionぽい印象でしたが、今野さんのヴァイオリンはエロいし、3人のパート分けもよく、パワフルでスピード感のある仕上がりです。「時の向こう 幻の空」が一番近い…こんなイメージかな。

 そんな新曲サプライズもあり、4年目を迎えたKalafinaの総括とこのさきの展望を楽しみました。Kalafinaというユニットの熟成感・完成度がハンパなかったですよ。極上の美酒を味わった恍惚の一夜でした。


○セットリスト

01.Eden(After Eden)
02.光の旋律(ソ・ラ・ノ・ヲ・ト OP)

03.neverending(After Eden)
04.輝く空の静寂には(黒執事II 最終話ED)
05.ことのは(After Eden)

06.Numquam vincar<バンド演奏>(魔法少女まどか☆マギカより)

07.red moon(Red Moon)
08.adore(輝く空の静寂には c/w)

09.Gloria(Lacrimosa c/w)
10.sandpiper(After Eden)
11.Magia(魔法少女まどか☆マギカ)
12.magnolia(After Eden)
13.destination unknown(After Eden)

14.胸の行方(After Eden)
15.in your eyes(After Eden)
16.fantasia(Red Moon)
17.Kyrie(Red Moon)
18.音楽(Seventh Heaven)

19.symphonia(歴史秘話ヒストリア ED2)

-Encore-
20.progressive(progressive)
21.to the beginning(Fate/Zero 第二期OP)
22.Eden(After Eden)
Posted by YoGAN - 2011.12.26,Mon
 東京ドームでのライブなんてマイケル・ジャクソン以来です。仕事があって開演40分前の現着だったんですが、入場列ヤバイ。ドームの中に入るまでで20分近く掛かったかな。このエントランスの状況からして特別なイベントになんだなと感じました。待機列の横(後楽園ホールの非常階段)で試合前にシャドーボクシングしている選手がいてなんだか和みましたw

 QUEEN'S NIGHTと冠したとおり、オープニング映像は戴冠式パレード風なPV。cherry boysが親衛隊な立ち位置ですね。モンハンのスタッフが手がけたそうですが、ビジュアル的にはスター・ウォーズEPISODE1のラストシーンに近い感じ。東京ドームという最高の規模でのライブに望む勇姿はまさしく女王。
 そしてPVの衣装を纏ってそのまま登場。オープニングアクトがBRAVE PHOENIXだったのは(今にして思えば)美空ひばりの不死鳥コンサートへのリスペクトがあったのかな。

 ドームが鮮やかなオレンジに包まれるわけですが…いや、本当にスゴイ光景。2F席で高めの位置だったせいもあるんだろうけど、リウムの光が点でなく面としてしか見られない画ってなんだ?w 圧巻の情景に歴史的な瞬間に立ち会っているんだなと実感しました。

 セットリストは新旧のシングル・アルバム曲・なのは曲を織り交ぜたバランスのいい構成。Inside of mindとWILD EYESが個人的には格別うれしかったですね。あとPOWER GATEはどんどん出番が早くなるw SECRET AMBITIONやアオイイロ等、イメージカラーある曲の、会場の変わりっぷりも盛大でおもしろいw SCARLET KNIGHTもやっと終奏のシャウトできました。
 新曲のお披露目サプライズでは、来期のシンフォギアからSynchrogazer。転調と伸びを活かした感じの曲ですね。なので初見では振りづらいw

 演出面では、左右に100mはあろうかという広いステージに、気球やライオンwwwやらで、大きい舞台を存分に使ってエンターテイメントしております。UNBRACABLEの前にドームをスクリーンに見立てた映像演出があったんですが(神話の世界でライオン倒す奈々様って物語)、映像明けで、まさにそのライオン()3mくらいのハリボテ)に乗って登場。絶対乗ってくるんだろうなと判っていても、実際その画をみたらたまらんw そしてあのライオンは終った後になんで尻向けたまま舞台にいるかなw
 Tears' Nightや残光のガイアなどコールを入れて終盤の盛り上がり。ラストはやはりエタブレよねと、金色に光る東京ドームでありました。

 アンコールでまさかのDISCOTHEQUE。Velvet Moonがあったので、てっきり明日かと思っていたんですが、これは嬉しいですね。
 Wアンコールでの「あの日夢見た願い」は、まさしく今日の日があることを思って作られたような詞にぐっと来ました。よくよく考えてみると、バラード曲って最後のこれだけだったんすね。

 腰痛に左膝の痛みと、仕事で満身創痍だったけど、痛みなんて感じる間もない最高のライブでした。

セットリスト

01 BRAVE PHOENIX(魔法少女リリカルなのはA's IN)
02 ROMANCERS' NEO(魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY- OP)
03 TRANSMIGRATION(ESアワー ラジヲのおじかん IM)

04 SECRET AMBITION(魔法少女リリカルなのはStrikerS OP1)
05 夢幻(WHITE ALBUM OP2)

06 POWER GATE(ノンタイアップ)
07 アオイイロ(Justice to Believe c/w)

08 POP MASTER(ノンタイアップ)
09 7COLORS(日立 世界ふしぎ発見! ED)

10 Dancing In The Velvet Moon(ロザリオとバンパイア ED)
11 Inside of mind(ETERNAL BLAZE c/w)

12 迷宮バタフライ(しゅごキャラ! IN)
13 純潔パラドックス(BLOOD-C ED)

14 SCARLET KNIGHT(DOG DAYS OP)
15 PHANTOM MINDS(魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st TM)

16 Synchrogazer(戦姫絶唱シンフォギア OP)
17 WILD EYES(バジリスク~甲賀忍法帖~ ED2)

18 UNBRACABLE(アンチェインブレイズレクス OP)
19 STAY GOLD(水樹奈々のMの世界 ED5)
20 Tears' Night(ALIVE&KICKING収録)
21 残光のガイア(セレクションX ED)

22 ETERNAL BLAZE(魔法少女リリカルなのはA's OP)

●Encore
23 DISCOTHEQUE(ロザリオとバンパイアCAPU2 OP)
24 Take a chance(GREAT ACTIVITY収録)

25 Astrogation(水樹奈々「STARCAMP EP」収録)

●W-Encore
26 あの日夢見た願い(NANA MIZUKI MAGIC ATTRACTION収録)

 
Posted by YoGAN - 2011.12.26,Mon
 昨年の22時オーバーの反省を踏まえてか、14時スタートと1時間まいての開演。そして入場してはじめて知った驚きの席、横アリのアリーナで4列目て!近けぇぇぇぇ。
 実際、開演したら、歌い手さん目の前です。Light My Fireのときに舞台演出で火が出ましたけど、熱風きたよ!w Sea☆Aのむっちりフトモモもはっきりと視認できましたし(眼福でした)、最後に全員出てきたときは、みのりん、KOTOKO、飛蘭、GRANRODEOが4メートル先にいたりで、本当に素晴らしいポジションでした。逆にスクリーンに作品の映像が出て、歌い手が中央のランウェイの方に出てしまうと、非常に見づらくもありましたが、なんて贅沢な話や…。

 映像といえば、今年は少なめに感じましたけど(曲数そのものが減ったからかな?)、TERMINATEDのときに、現行放送中のホライゾンが出たときは(それもかなりいい編集)シビれましたね。

 昨年に比べて出演人数も減りましたが、生歌を初めて聴く歌い手さんも多く、みのりん、飛蘭あたりが鉄板曲で来たのがサイコーでした。Paradise Lostのコールや、mind as Judgmentのカウントダウンもやっと出来たー。
 持ち歌ではangelaが蒼穹やらなかったのは残念ですが、5曲目(Shangri-La)からタオル曲という展開ありえんw しかも妙に演歌っぽくてワロタw

 待望のファンセレクション、カバーコーナー、去年は第一部持ち歌・第二部カバーでしたが、今年は交互にもってくるようになったんですね。そのせいで紹介ないまま(持ち歌で初めて歌手紹介)登場するゲストが多かったですがw

 May'nのオルフェから幕開け。これは格好いい。せっかくなので女性6人によるマジLOVE1000%もみたくなりますなぁ。そしてきーやんも途中から追加登場ときたら、最高のサプライズになろうw
 曲と歌い手の声質がピタリだったのが、飛蘭の「あなただけ見つめてる」と、HIMEKAの「Adesso e fortuna ~炎と永遠~」。素晴らしいオッサンホイホイだったなぁ…。
 angelaによる君の知らない物語も特有の歌い方ながら、ハマっているから不思議だ。

 SWORD SUMMITやonly my railgun等、直近の定番曲も外さず、プラチナのような懐古曲、Over The Futureのようなズッギューン曲まで(喜多さんのハジケっぷりワロタw)、いろんな方向に行ってくれるのもいいですね。
 アコースティックの選曲もニクイ!
 今年沸いた「secret base」をangelaが、前回kalafinaが披露した「あんなに一緒だったのに」をみのりんが(アレンジを大幅に変えて)担当とは、楽しませてくれます。

 そしてぇー。GRANRODEOがカバーに再び。
 「アニメといったらやっぱりガンダムの曲ですよね!」
 「ガンダム行ってもいいですかー!」
 フォト
 ↑自分と友人ら

 「聴いてください……INVOKE!」
 フォト
 ガンダムで、ろでおさんならソコじゃないヨ!
 思いつつ、SEEDつながりの流れだったことに後で気づきました。来年こそBeyond The Timeを…(ノД`)

 そしてKalafinaは今年も梶浦先生曲、それもヤンマーニktkr!!
 KEIKOが主旋律担当で、HIKARUとWAKANAがコーラスメインなのも驚きでしたが、これは盛り上がる。
 続いてそのまま空色デイズへ――て、2番から本人が登場! 去年のレポでこういう仕掛けを入れてくれないかと思いましたが、念願叶ったり! これからもサプライズをどんどん仕掛けてください。

 今年もレイアース枠来ましたねー。映像付で光と影を抱きしめたままとか、どんだけオッサン得ですか。続くそばかすは、KOTOKOの歌い方がヤヴァイw 「るろ☆うに」てエロゲの主題歌かとw

 May'nの持ち歌も、ユニバーサルバニーやエリクシア等、マクロスライブ外れた残念さを晴らしてくれましたし、新曲も堪能で、言うことなしのセトリ。

 ラストはポンポコリンを全員合唱で〆。昨年より1時間短かったけど、濃さは変わらなかった。来年もまた足を運びたいものです。

 以下セットリスト

<中川翔子>
01.つよがり(べるぜバブ ED2)
02.続く世界(天元突破グレンラガン <紅蓮篇> 主題歌)
03.涙の種、笑顔の花(天元突破グレンラガン <螺巌篇> 主題歌)

<angela>
04.Beautiful Fighter(屍姫 赫 OP)
05.Shangri-La(蒼穹のファフナー OP)

<RAMM feat.ayami>
06.Fre EDom(バトルスピリッツ 覇王 OP)

<河野マリナ>
07.Morning Arch(Aチャンネル OP)


●ファンセレクション(カバー)コーナー①
<May'n>
08.オルフェ(うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% OP)

<飛蘭>
09.あなただけ見つめてる(スラムダンク ED1)

<飛蘭×佐咲紗花×ayami>
10.JOINT(灼眼のシャナII OP1)

<HIMEKA>
11.Adesso e fortuna ~炎と永遠~(ロードス島戦記 OP)

<angela>
12.君の知らない物語(化物語 ED)


<GRANRODEO>
13.愛のWarrior(アンジェリーク 魔恋の六騎士 OP)
14.HEAVEN(鋼鉄神ジーグ ED)

<HIMEKA>
15.明日へのキズナ(戦場のヴァルキュリア OP1)

<The Sketchbook>
16.道(SKET DANCE OP2)

<佐咲紗花>
17.Zzz(日常 ED1)
  →Starting Again メドレー(カードファイト!ヴァンガード ED4)


<Sea☆A>
18.DREAM SHOOTER(カードファイト!ヴァンガード ED3)
19.DELI-DELI☆DELICIOUS(トリコ ED2)

<KOTOKO>
20.Re-sublimity(神無月の巫女 OP)
21.聞け!ソラノオト(ヒラく宇宙ポケット収録)
22.七転八起☆至上主義!(ハヤテのごとく!! OP2)
23.Light My Fire(灼眼のシャナIII-Final- OP)

-休憩-

<茅原実里>
24.Paradise Lost -at next nest-(喰霊-零- OP)
25.TERMINATED(境界線上のホライゾン OP)
26.優しい忘却(涼宮ハルヒの消失 ED)
27.輪舞-revolution-(少女革命ウテナ OP)

<喜多修平>
28.世界で一番恋してる(世界一初恋 世界で一番恋してる OP)
29.世界の果てに君がいても(世界一初恋2 世界の果てに君がいても OP)

<飛蘭>
30.mind as Judgment(CANNAN OP)
31.Blood teller(未来日記 ED)

<Kalafina>
32.overture~Magia(魔法少女まどか☆マギカ ED)
33.輝く空の静寂には(黒執事II ED)

●ファンセレクション(カバー)コーナー①
<GRANRODEO×May'n×KOTOKO>
34.SWORD SUMMIT(戦国BASARA 弐 OP)

<May'n>
35.only my railgun(とある科学の超電磁砲 OP1)

<Sea☆A>
36.プラチナ(カードキャプターさくら OP3)

<喜多修平×佐咲紗花×鈴木このみ>
37.Over The Future(絶対可憐チルドレン OP)

<The Sketchbook×喜多修平>
38.Butter-Fly(デジモンアドベンチャー OP)

-アコースティックコーナー(2曲)-
<angela>
39.secret base~君がくれたもの~(10 years after ver.)(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない ED)

<茅原実里>
40.あんなに一緒だったのに(機動戦士ガンダムSEED ED1)

<GRANRODEO>
41.INVOKE-インヴォーク-(機動戦士ガンダムSEED OP1)

<Kalafina>
42.nowhere(MADLAX 挿入歌)

<Kalafina×中川翔子>
43.空色デイズ(天元突破グレンラガン OP)

<中川翔子>
44.冒険でしょでしょ?(涼宮ハルヒの憂鬱 OP)

<中川翔子>
45.光と影を抱きしめたまま(魔法騎士レイアース OP3)

<KOTOKO>
46.そばかす(るろうに剣心 OP1)

<茅原実里×angela>
47.ETERNAL BLAZE(魔法少女リリカルなのはA's OP)

<May'n>
48.Scarlet Ballet(緋弾のアリア OP)
49.禁断のエリクシア(マクロスF 恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~ 挿入歌)
50.もしも君が願うのなら(戦場のヴァルキュリア3 主題歌)
51.ユニバーサル・バニー(マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ 挿入歌)
52.Ready Go! (オオカミさんと七人の仲間たち OP)
53.Brain Diver (ファイ・ブレイン~神のパズル~ OP)

<全員>
54.おどるポンポコリン(ちびまる子ちゃん ED)
Posted by YoGAN - 2011.10.12,Wed
 昨年に続くまさかの連続武道館公演、ステージから20mくらいで瀧田さんときーやんの中間、ほとんど正面という良ポジションで、存分に楽しめました。
 宙吊りゴンドラによる登場や多数のダンサーを入れてくる演出は、武道館にふさわしい華々しさで、FEAVERのタイトルに偽りなしの大祭りでした。年々大掛かりな演出になってきているなぁ。

 セトリもいろいろ仕掛けが。スパノバの緑ウムと薔薇尻の赤リウムが開始3曲で終り。はえーよw そしてまさかのOnce&Forever4曲目。イントロで背筋震えた。
 全体を通してMCが少なめでどんどん曲が進む攻めな展開も(休む間もなくて大変でしたが)熱さが途切れず、気持ちよかった。
 中盤にダンサー投入で扇子曲来た――と思いきや、なんと振り付け曲が怒涛の大踊りメドレー。サマーGTまで来て、「これはそういうことか」と気づいた時の昂揚感ときたらもう。
 Go For It!では2番明けの煽りがないなと思ったら、楽器部のソロコーナー。瀧田さんとVALさんのトルコ行進曲セッション。ドラムで音階を捉えるのをはじめて見た。すごいわ。スティックが極大化(1mくらい)する魔法っぽい演出や、ガッチガチにデコしたギターが天に昇ったりと、舞台の広さ・高さも存分に生かしてきますね。

 恋音のアコースティックVer.は、去年と同じく4人でのセッション。間に英語のフレーズを挟んだ(おそらくは震災を意識した)変化球もいい…。
 SEED BLASTERからの4曲はガッツリいただきましたが、本当にデタラメな残像が幻曲になってしまい寂しいw

 アンコールに、昨年の武道館オープニングアクトだったR&R SHOWをもってくるとは、またニクイことをw
さらに新曲愛のWarriorときて(えらくJAMっぽい・ストレートな曲だったなぁw)、最後は最近の恒例となるシャニムニ調教。

 セットリストをみると曲数少なめですが(調べて少ないことに気付いた)、3時間近くどっぷりGRANNRODEOとの祭りを楽しめました。
 小柄で筋肉質な男性ダンサー(左から2番目?)の人が、ほとんどの曲で歌詞を口ずさんでいたのも妙に印象深かったです。きーやんより覚えてい――ゲホンゲホンw

<セットリスト>

01.SUPER NOVA(SUPER NOVA 収録)
02.Black out(アニソンぷらす OP2)
03.ROSE HIP-BULLET(咎狗の血 OP)

04.Once&Forever(マブラヴ オルタネイティヴ IM)
05.ウィッチハンター(SUPER NOVA 収録)
06.進化と堕落の二元論(SUPER NOVA 収録)

07.SUPER NOVA FEVER(ダンサー)
08.振り付け曲メドレー
 SEA OF STARS
  ~Snow Pallet
   ~サマーGT11
    ~BRURH the SCAR LEMON
     ~SEA OF STARS
09.Go For It!(IGPX OP)
ドラム・ベース・ギターソロ → IGPX!

10.Infinite Love(恋する天使アンジェリーク~心のめざめる時~ OP)
11.背徳の鼓動(SUPER NOVA 収録)

12.恋音~SMILE(アコースティック)

13.SEED BLASTER(SUPER NOVA 収録)
14.カナリヤ(シングル曲)
15.tRANCE(黒神 The Animation OP2)
16.modern strange cowboy(NEEDLESS OP1)

17.Beautiful world(GRANRODEO 愛すべきSTUPID ED1)

●Encore
18.We wanna R&R SHOW(アニソ~ンぷらす OP1)
19.愛のWarrior(アンジェリーク 魔恋の六騎士 OP)

●W-Encore
20.シャニムニ(恋音 c/w)

Posted by YoGAN - 2011.07.02,Sat
 NHKホールでFictonJunctionライブに行ってきました。ピット席後ろという至れり尽くせりなポジションで、KEIKOとKAORIの生足がなんともまぶしい。
 さすがのNHKホールで、いつにもまして素晴らしい響きの梶浦サウンド。ヴァイオリンがエロエロに奏でられてw ハウリング起きていたのも珍しいですね。

 1年ぶりのライブとあって、新曲祭にヤホーイ!
 まどマギからは、Credens justitiam(通称マミさんのテーマ)のハーモニーによる高揚感が異様。イントロでのコーラスを終えて、ドラムが入ってくる瞬間と、独特の抑揚が響くカタルシスにむはー。後述する赤木さんのフルートも加速感ありました。
 FICTION2収録で、4人用にリアレンジされたthe image theme of Xenosaga IIも絶品。アルバム曲の中で、一番聴きたかった曲が後半のいいところで来てくれました。

 本日お披露目組、eternal blueとsotne cold。前者は先行公開のゲームOPで見ていましたが、Bメロからサビにかけての盛り上がりがずっとよく感じられました。stone coldはアンコールの間にPV本邦初公開という演出に沸く沸くw I've的梶浦サウンドという新境地の印象。でも間奏は梶浦節w KAORIメインの構成も、曲調とマッチしていいですね。
 eternal blue後のMCで、その発売日を8/3と漏らしてしまった(本当はstone coldの発売日でアンコール時が本邦初公開だったw)、梶浦先生、うかつ!w

 


 スペシャルゲストにこられた赤木りえさんのフルート演奏は圧巻。前回の大阪公演(東京のラスボス様も凄かったですけど)でのレポは目にしていましたが、こんなにも素晴らしいものとは。フルートはスマートで典雅なイメージだったんですが、リズミカルで多彩な音を引き出せるものなのですね。blue cloudsでの今野さんとの共演にも酔いしれました。ド平日に大変ですけど(主に木・金が)、いい夜でした。


セットリスト

01.lotus(FICTION II収録)
02.E.G.O.(FICTION II / Aquarian Age O.S.T.)

03.I swear(FICTION II)
04.jubilee(歴史秘話ヒストリア)

05.March(FICTION II収録)
06.blue clouds(ツバサ・クロニクル IM)
07.sis puella magica!(魔法少女まどか☆マギカ IN)
08.my long forgotten cloistered sleep(FICTION II収録)

09.forest(エル・カザド IM)
10.Credens justitiam(魔法少女まどか☆マギカ IN)

11.eternal blue(戦律のストラタス OP)
12.時の向こう 幻の空(おおかみかくし OP)
13.花守の丘(真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 ED)
14.in the garden of sinners~from paradigm(劇場版 空の境界)

15.heigen(FICTION II収録)
16.the image theme of Xenosaga II(XenosagaII -善悪の彼岸- IN)

17.I reach for the sun(エル・カザド IN)
18.maybe tomorrow(XenosagaⅢ ツァラトゥストラはかく語りき ED)

●ENCORE
19.stone cold(セイクリッドセブン OP)
20.zodiacal sign(アクエリアンエイジ Sign for Evolution IN)
21.Parallel Hearts(パンドラハーツ OP)
22.sweet song(XenosagaII -善悪の彼岸- )




今回のMCでのお題 「N(なんだか) H(ホッとする) K(こと)」

●バンド陣
赤木りえ:水戸黄門の印籠が出たとき
高橋"Jr."知治:サマーカットした猫の毛を逆さに撫でたとき
佐藤強一:おもむろにTVのスポーツニュースを見て巨人負けの報をみたとき
今野均:危険牌が通ったとき。 <分かりすぎる…!
是永巧一:PCをつけて梶浦由記のうかつなツイートをみたとき。
大平佳男:家に帰ったとき<ヒキコモラー万歳。

●歌い手
WAKANA:確信犯で大食いした日の翌日、体重が変わっていなかったとき。 YURIKO KAIDA:掃除や片付けを終えた後に、ブァーっとなって(大の字のポーズで)DVDのつまらないところを飛ばしながらみるとき <男過ぎます!
KEIKO:帰宅時に靴下を脱いだとき。
KAORI:まんべくんを見ているときhttp://manbe.jp/ …まんべくんを見ているとき?
Posted by YoGAN - 2011.07.02,Sat
 12列目ほぼ中央という最高の位置取り(サマサマあったらどっち側か微妙w)で堪能してきました。
 アルバムツアーですが、ここ1,2年のシングル曲がほとんど網羅されたアルバムなので、隙のない盛り上がりっぷり。相変わらず、欲望∞が3曲目と背水の陣はまだ早い。
 アルバム初収録のロックナンバーも、ライブ初でどっぷり浸りました。SEED BLASTERとウィッチハンターが特に好みです。後者は、KISHOWが棺から登場する演出でしたが、歌い終えた後に、スタッフがゴロゴロ転がす棺と一緒に袖に下がるのはないw 棺、出るだけかよ!w
 今回のアコースティックは恋音でしたが、今まで聴いてきた中でも、抜群に良かった。
 終盤の桃尻、trance、風間、MSC4連発も鉄板構成なのですが、ちょっと食傷気味。デタラメな残像はそろそろ幻曲になりつつあるなぁ…。

 そして今回、2つもやらかしてしまったKISHOW。
 君と僕の間で歌詞飛ばしてハミング全開。MCでうやむやにし掛けたところで、「なんで歌詞トンだの?」とブッスリいくE-DUKA。この掛け合いこそGRANRODEOデスヨ。
 メンバー紹介もスッ飛ばす。後半にムリヤリもっていきましたが、生ゆえのハプニングを大いに堪能です。


 セットリスト

01.SEED BLASTER(SUPER NOVA収録)
02.カナリヤ(BRUSH the SCAR LEMON 収録)
03.欲望∞(大和彼氏 TM)

04.慟哭の雨(恋する天使アンジェリーク~かがやきの明日~ OP1)
05.SEA OF STARS(SEA OF STARS c/w)
06.愛すべきSTUPID(GRANRODEO 愛すべきSTUPID OP1)

07.進化と堕落の二元論(SUPER NOVA収録)
08.Who Is The Witch(SUPER NOVA収録)
09.ウィッチハンター(SUPER NOVA収録)

10.Go For It!(IGPX OP)
11.ロンリーファイター(BRUSH the SCAR LEMON 収録)

12.君と僕の間(SUPER NOVA収録)
13.ウソノイロ(SUPER NOVA収録)

14.恋音(アコースティック)

15.ROSE HIP-BULLET(咎狗の血 OP1)
16.tRANCE(黒神 The Animation OP2)
17.アウトサイダー(キューティーハニー THE LIVE IM)
18.modern strange cowboy(NEEDLESS OP)

19.SUPER NOVA(SUPER NOVA収録)

●ENCORE
20.背徳の鼓動(SUPER NOVA収録)
21.Darlin'(Instinct収録)

●W-ENCORE
22.シャニムニ(恋音 c/w)
Posted by YoGAN - 2011.06.06,Mon
今回も無事受かりました。

2日目(土)東2Q-19b「BRIEFING-ROOM」

2011年上半期のOPアニメレビューを行います。
Posted by YoGAN - 2011.05.08,Sun
 GWの最中に行ってきました。渋谷AXは2回目ですが、1回目が昨年のライブだったですね。その前回は、辛うじて会場内に入れた、くらいギュウギュウに詰めこまれたトラウマが。今回は良番だったので、ゆるりと入れました。左後方スペースの前側にポジションとりましたが、開演してもこのあたりは結構余裕ありましたね。
 おかげでじっくりと歌に酔いしれる時間をすごせました。

 セットリストはツアータイトルのアルバム曲と、10年という節目を迎えての代表曲を織り交ぜた、新旧バランスの良い並び。アルバム曲は予習不足なんですけど、secret momentはいい感じでしたね。アルバム曲でバラードが多かったのかな。メリハリの利いたセトリは体にも優しかったですw 3曲目からクリエナという、勢いづける構成にも心弾みました。
 バンドメンバーとの掛け合いもかなり多かったですね。お色直しの間で演奏されたナンバーは、どこかGo for it!を思わせる楽曲でワロタw あと「風のゆくえ」のイントロは、何回聴いてもナチャーソのCtystal Letterです(珍しいことに飯塚先生の方が先ですがw)。
 STRAIGHT JETからの4曲は怒涛。今年はライブにあまり足を運んでいなかったので、このえもいわれぬ一体感は久々で、たまりません。「予習してないし明日も仕事だから…」と、ライブ前に消極的だった友人が、全力でリウム振りまくる姿にも和んだ(´・ω・`)
 アルバムツアーであり、10周年を記念する公演であり、そして震災後のライブであり。いろんな思いが曲間のMCを通じて語られました(相変わらずの天然・グダグダ感は大変に好ましいものでした)。歌手って不思議な存在だよねと、嬉しさ・寂しさが入り混じったような表情を浮かべて、ライブにおける一期一会の素晴らしさ・儚さを語る姿が、とても印象深かったです。
 そんな思いで歌われる終盤は、盛り上がらないはずがなく、アンコール一曲目でdivergenceという懐かしさにこみ上げてくるものがありました。翼はPresure Lineあたりも聞きたかったところですが、代表曲で固め打ちのアンコールで気持ちよく終われました。終演後に流れていた曲に、熱気覚めやらぬ会場が声をそろえてPPPHするのも、楽しかったすよw

01 miracle fruit(アニソンぷらす ED22)
02 secret moment(miracle fruit収録)
03 Crystal Energy(舞-乙HiME OP2)

04 氷の結晶(miracle fruit収録)
05 one drop(miracle fruit収録)
06 stage(miracle fruit収録)

07 風のゆくえ(君が望む永遠 OP)
08 空のこたえ(miracle fruit収録)
09 時すでに始まりを刻む(刀語 ED12)

10 STRAIGHT JET(IS《インフィニット・ストラトス》OP)
11 Luminous Beat(miracle fruit収録)
12 sympathizer(黒神 The Animation OP1)
13 Dream☆Wing(舞-乙HiME OP1)

14 虹色の永遠(miracle fruit収録)
15 Rumbling hearts(君が望む永遠 OP)

16 Beautiful Blaze(miracle fruit収録)
17 あんりある▽パラダイス(けんぷファー OP)
18 planet earth(miracle fruit収録)

○Encore
19 divergence(マブラヴ OP)
20 Shining☆Days(舞-HiME OP)
21 Precious Memories(君が望む永遠/OP)

Posted by YoGAN - 2011.04.03,Sun
 
 歌詞合いすぎ…。
 映像ソース10話中心で、どんだけピタリ仕上げてきますか。まどかとへの想いや作品のキーワードを、随所に合わせてきますね。曲と作品、それぞれへの愛を感じます。
 「一人じゃないと やっと思えたその瞬間」のフレーズは、一緒に魔女を仕留めたときの嬉しさと、真実を知った絶望の、2つの意味を持たせる構成が絶妙。「二度とあの場所戻りたくない もっと強く」などは、まさにほむほむの行動原理じゃないですか。
 2番明けの間奏で時間ループ(魔法少女に堕ちる物語)をもってくる構成も、見事という他ない。というのもこれ、イントロ部が最新の時間軸なので再生ループすると、ほむほむの時間ループが体感できるんですよね。ものすごい感情移入してしまった。
 曲の特性でもあるサビ直前のカットインも、気持ちよく決めてくれます(ラスサビ直前のそれは特に強烈w)。ほむほむメインはたくさん出てきていますが、今のところ一番好きな作品です。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/17 緑茶@]
[01/29 通行人A]
[12/19 YoGAN]
[12/12 トール鉄]
[07/30 リゲルグJ]
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]